鍼灸マッサージQ&A

相模原鍼灸マッサージ師会  >  鍼灸マッサージ Q&A

相模原鍼灸マッサージ師会の治療院でいただく、しんきゅう(鍼灸)マッサージに関する疑問・質問にお答えします。

鍼灸マッサージの治療を受けるには、どうすればいいですか?

紹介や電話帳、インターネット等でお近くの治療院を探し、まず(電話などで)営業時間、治療の内容、料金や取扱う症状などを治療院に御確認ください。治療院に直接行かれると、予約があったり、往診等で居なかったりする場合もありますので、御予約をされた方が確実だと思います。

鍼灸治療は、痛いですか?

多くの場合、鍼治療は痛くありません。治療に使用される鍼は毛髪程度の太さです。ただ、個人の感受性や健康状態、はりの太さ等により痛みを感じることもあります。そのような場合は、施術者にお申し出ください。
灸は、直接皮膚に施すものと、皮膚ともぐさの間に薬草や布を当てて施すものがあります。薬草や布を当てて行う灸は、心地良い熱で(薬効成分等を)皮膚に浸透させてゆきます。直接皮膚に施す灸は、多少熱さは感じますが、ツボや病んでる箇所では心地良さや爽快感もあります。
鍼灸治療については「痛い」「熱い」というイメージがありますが、実際は患者様からもほとんどそうした声は聞かれません。安心して治療をお受けください。

鍼は衛生面で大丈夫ですか?

現在では、ほとんどの治療院で使い捨ての鍼を使用していますので安心です。尚、使い捨て鍼を使用していない施術所でも、専用の滅菌消毒器によって衛生面を保っていますので大丈夫です。

鍼灸マッサージ治療には、副作用はありませんか?

鍼灸マッサージ治療は生体に刺激を与え、体のひずみを正常に戻す働きがあります。その為、ひずみが戻る際に、体のだるさや痛み、熱感等の変調をきたすことがありますが、それは治療を受ける前のものと違い、治る過程のものと考えられ、一過性のものであり安静にしていれば解決します。そうした反応が不快な方は、施術者と刺激量を充分に相談して頂ければ良いかと思います。鍼灸マッサージ治療には、薬のような重大な副作用を起す事はまずありませんので御安心ください。

治療後の過ごし方は?

安静にしておくのが最良ですが、中々そうも言ってられないのが現実だと思います。せめて治療直後は運動、飲酒、長めの入浴等、体に刺激を与えることはできるだけ避けてください。安静にすることで体内での自然治癒力の働きが活発になり、治療の効果が期待できます。

特に病気ではないけれど、治療できますか?

病院の検査では問題はないのに、不快な症状があるという方は大変多くみられます。鍼灸マッサージ治療は、健康な方の体調管理から病気の方の治療まで、様々な人を対象としております。「病気になる前に治療をする(未病治)」というのが東洋医学の基本的な考え方です。

寝たきりの家族がいるのですが、鍼灸マッサージ治療を家まで訪問してもらって行うことは可能ですか?

高齢化社会の進行に伴い在宅医療の考え方が広まっており、往診を行う治療院が増えています。また、継続的に治療を行うために、保険を使っての治療をしているところもあり、患者さんの経済的負担も軽減されています(保険は介護保険ではなく、医療保険ですので介護保険のメニューに支障をきたす事はありません)。往診については、お近くの治療院までお尋ねください。

ページトップへ